Intelij 系IDE 出来ること・操作

背景

Android StudioくらいしかIDEを使っていなかったが,学生はJetBrainsのIDEを無料で使えるのでずっと活用したいと思っていた. はじめは操作が分からず使いづらかったが,慣れるとこれ無しではコードを書いたり探索したりするのになくてはならないもの になってきた.Intelij系は操作感を共通にできるので1つ覚えれば他のIDEでも使えるのがよい.

CLion

現在はC言語を扱うことが多いのでCLionというC/C++のためのIDEを使う. Projectを開くとCMakefileを検知したりコードのインデックスをとって検索の高速化をしてるようだ. CMakefileで管理されていないプロジェクトを使うときはMakefileを扱うためにPluginをFile->Settings->PlugingsからMakefileで検索してインストールすればいい.CMakeはよくわからない人でMakefileを使わずに単一ファイルで実行したいときは同じくPluginsからC/C++ Single File Executionをインストールする. これらの昨日がデフォルトで入っていたら最初に迷うことがなかった気がする. Single File Executionの使い方は 1. CMakeList.txtをプロジェクトルートに作成して例のように設定する.

cmake_minimum_required(VERSION 3.14)
project(main)

set(CMAKE_CXX_STANDARD 14)
  1. .cファイルをProjectツリーから開いてエディタの中で右クリック->Add executable for single c/cpp fileを選択する. これによってCMakeList.txtに次の一行が追加される.
add_executable(main main.cpp)
  1. build押す(Ctrl+F9)

  2. Run(Shift+F10)

ショートカットは設定次第で異なるかもしれない.

続き

TBD